うつ病

辛いうつ病でお悩みのあなたへ

初回限定特典

こんなお悩みありませんか?

  • 不安感からくる胸の苦しさと、頭痛が辛い。
  • 気持ちの落ち込みが強く、身体的な症状もでている。
  • 1人になると色々考えて、苦しくなって涙が止まらなくなる。
  • 何をしても楽しむことができない。
  • 寝ることができない。

  • パニック、目まい
  • 腰痛、膝の痛み
  • 坐骨神経痛、指シビレ
  • 頭痛、肩こり
  • 目まい 目の奥の痛み
  • 首の痛み、腰痛

電話予約

LINE予約

営業時間
9時~12時
13時~19時

 

  • 喜びの声K.Kさん
  • 喜びの声T.Mさん
  • 喜びの声K.Yさん
  • 喜びの声I.Fさん
  • 喜びの声H.Hさん
  • 喜びの声M.Tさん
  • 喜びの声Y.Hさん
  • 喜びの声T.Mさん
  • 喜びの声O.Rさん

 

初回限定特典

電話予約

LINE予約

営業時間
9時~12時
13時~19時

 

  • 背骨歪み
  • 筋肉
  • 内臓

からだにっこりカイロでは、背骨、骨盤、関節、筋肉、お腹などの痛みや症状の出ている部分(首・肩・背中・腰・膝・足・内臓など)だけの対処ではなく

さらに

  • 機能低下した
  • 脳(自律神経・ホルモン・免疫)

痛みや症状を認知する脳へもアプローチして、痛みや辛い症状を根本改善します。

 

脳へアプローチすることにより、

  • 自律神経(代謝や体温調節といった体の働きを調整する)
  • 内分泌(内臓の機能や体の調子を整えるホルモンの分泌をつかさどる)
  • 免疫(外部から進入する異物から体を守る)

3つの機能を整えます

 

もし、整形外科や整骨院などに一生懸命に通われ、

  • 電気治療
  • 薬、湿布
  • コルセット
  • 自宅でのストレッチ

などを頑張っていても症状が改善されないのであれば、症状の根本的な原因にアプローチできていない可能性があります。

からだにっこりカイロの施術法

当院の施術は、あなたに適した優しい刺激を加えることによって、

  1. 本来備わっている身体の鎮痛作用を活性化し、痛みの信号を遮断し、脳に痛みが到達しないようにします。
  2. 本来備わっている身体の自然治癒力を活性化し、自身の病気を治す力を高めます。

自分に合う刺激はそれぞれで、あなたに合った優しい刺激を与えることが大切です。

 

  • バキバキとするような矯正はしません。
  • 揉み返しがでるような強い力の施術もしません。

女性の方や高齢者、お子さんでも安心して受けることのできる施術になっています。

 

不調の原因とは

あらゆるストレスです!!

  • ストレス女性
  • ストレス男性

身体的、精神的などのストレスが原因で痛み、しびれ、辛い症状など身体にさまざまな不調が現れます。

一言でストレスと言っても、ストレスには色々なものがあり、身体に影響を及ぼします。

ストレスの種類

身体的ストレス

  • 過労女性
  • パソコン姿勢
  • 寒い女性

過度な労働、スポーツ、姿勢、事故、怪我、さらには機械的な騒音、振動、寒さ暑さ、光など。

精神的ストレス

  • 人間関係
  • 責任
  • 生活費

人間関係、仕事、生活上のプレッシャーなどの悩み、不安、心配、恐れ、怒り、抑うつなど。

化学的ストレス

  • たばこ
  • お酒
  • 添加物

タバコ、お酒、コーヒー、薬物、食品添加物など。

生物的ストレス

  • 花粉
  • 免疫

細菌、ウイルス、カビ、花粉など感染症やアレルギーの原因物質。

ストレスがぎっくり腰、寝違え、足がつる(こむら返り)などの急性症状の原因になる

  • ぎっくり腰
  • 寝違え
  • 捻挫

ストレスが原因で急性症状が起こる流れ

ストレスが頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、不眠、疲労などの慢性症状の原因になる

  • 頭痛
  • 首肩こり
  • 腰痛
  • 腹痛
  • 不眠
  • 疲労

慢性症状がストレスが原因で不調が起こる流れ

  • このタイプは身体的な原因がなく症状を感じます。
  • 身体的な原因なく症状を感じる方は、脳や神経系が過敏になっているために、ちょっとしたストレスが大きく増幅されて気になる症状として感じてしまいます。
  • 痛み、不安、心配、抑うつ、怒りなどの精神的ストレスは痛みの感受性が増して、慢性的な筋緊張になり痛みや辛い症状を発症しやすい状態にあります。
  • 交感神経の緊張が強くなり、継続すると自律神経は意識的に調整できないので、自律神経の働きを元に戻すことが難しくなります。
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛

もし、あなたが長い間、お悩みの症状を感じられているのであれば、早期の改善が必要になってきます。

 

なぜなら症状が長引くと、症状が脳に記憶され慢性化します。

痛みなどの症状が続く3つの原因

1.痛みは記憶されます。

  • 痛みの刺激は中枢神経に記憶されます。
  • 痛みが中枢神経に記憶されることによって、常に脳や脊髄が刺激されると、痛みの原因になる刺激がなくても、脳はいつも痛みを感じ続けてしまいます。

2.痛覚が過敏になります。

  • 脳がいつも痛みを感じ続けることにより末梢神経が過敏になります。
  • 本来なら痛みとは感じられないような軽い刺激、寒さ・気圧の変化、感情の変化で痛みを感じるようになります。

3.痛みの悪循環が始まります。

  • 痛みを我慢するとさらに痛みが広がるという悪循環を招きます。
  • 痛みにより、交感神経の緊張が強くなり、筋肉の収縮や末梢血液循環の低下が起こり、それが痛みを増幅したり長引かせたりします。すると余計に交感神経の緊張が生じるという悪循環に陥ってしまいます。

 

このように痛みなどの症状は脳に記憶され、過敏になり、悪循環を招きます。

初回限定特典

電話予約

LINE予約

営業時間
9時~12時
13時~19時

 

うつ病とは

精神疾患で、脳の機能低下に伴い、精神エネルギーが低下し生じる症状によって日常・社会生活に支障がでる病気。

  • うつ病は「心の風邪」と言われるほど、一般的な心の病気で誰でもかかる可能性がある。
  • 自殺者の多くがうつ病であるとも言われ、時に人を支配する。
  • 子どもから高齢者まで世代を問わずに発症する。

うつ病診断基準(アメリカ精神医学会DSM‐Ⅳ診断基準)

症状の数とその持続期間をもとに診断。

2つの基本症状

以下の症状のうち、少なくとも1つがある。

  •  抑うつ気分。
    ・気持ちが沈み込んだり、ふさぎこんだ状態つづく。
    ・悲しくなったり、滅入ったり、落ち込んだ状態つづく。
  •  興味または喜びの喪失。
    ・仕事、趣味など普段やっていたことに興味もてない。
    ・何をしても楽しめない。

7つのよくある症状

さらに、以下の症状を併せて合計5つ(またはそれ以上)が認められる。

  1. 食欲減退あるいは増加、体重減少あるいは増加。
  2. 不眠あるいは睡眠過多。
  3. 精神運動性の焦燥または制止(沈滞)。
    ・焦燥:イライラしたり、あせったりする。
    ・制止、沈滞:動作が鈍くなり、ゆっくりとした動き。
  4. 易疲労感または気力減退。
  5. 無価値感または決断困難。
  6. 思考力、集中力減退または決断困難。
  7. 死についての反復思考、自殺念慮、自殺企図。
  • これらの症状がほとんど1日中、ほとんど毎日あり、2週間にわたっている。
  • 症状による苦痛、社会的・職業的・その他の重要な機能障害がある。

うつ病の分類

症状の程度や現れ方による分類。

  • 大うつ病性障害(大うつ病)。
    ・一般的に考えられているうつ病。
    ・数カ月から長くて半年ぐらいで回復することが多い。
    ・1回のみで完全に回復する場合もあるが、うつ病の人の半数以上は再発を繰り返す傾向にある。
  • 気分変調性障害(軽症うつ病)。
    ・軽いうつ状態が慢性的に続くもの。
    ・うつ状態が2~3年以上続くことが珍しくない。
  • 非定型うつ病。
    1)うつ病の診断基準を満たすものの、特徴が従来の典型的なうつ病と異なるタイプ。
    2)10~20代前半に発症することが多い。
    3)大うつ病と異なる点
    ・気分反応性がある。
    楽しい出来事があれば気分が上がり、悪い出来事があれば落ちる。
    ・過食、過眠の傾向。
    ・鉛様の倦怠感。
    身体が鉛のように重い。
    ・対人過敏性がある。
    他者の評価を過剰に気にする  。
    ・休息、抗うつ剤などの治療にあまり反応しない。
    ・全体的に軽症例が多い。
    ・治りにくいため慢性化しやすい。

うつ病の病態

  • 季節性うつ病
    ・特定の季節にうつ病を発症。
    ・四季の移り変わりに影響されて発症する。
    ・冬季うつ病が多い。
    寒くなり、陽もだんだんと短くなってくる10月~12月に発症し、暖かくなる3月頃に自然に回復。
  • 仮面うつ病
    ・身体的な症状が強く現れてしまうことでうつ病であると気づきにくい。
    ・身体症状という仮面をかぶっている。
  • 微笑みうつ病
    ・落ち込んで暗い顔をしているとき、周囲から心配されると、即座ににっこり微笑んで自分はなんともないという姿勢を見せる。
    ・誰かと一緒にいる時は明るく笑顔を絶やさないが、1人になると表情が曇り、気分が落ち込む。
  • 産後うつ病
    ・産後4週以内にうつ病を発症。
    ・出産後に気持ちが落ち込んだり、わけもなく悲しくなったり、食欲不振などの症状。
    ・妊娠中と出産後で体内のホルモンバランスが著しく変化(女性ホルモンの急激な減少)。
    ・赤ちゃんと一緒の生活にてんてこ舞いになり、心の休まる暇が少なくなる。

うつ病の経過

  • 前駆期(うつ病になりかかった段階)
    ・心身のエネルギーが低下して疲れやすい。
    ・これまで普通にできていたことが次第につらくなってくる。
    ・このため焦りや自責の念が生じ、イライラや不安がつのる。
    ・本人は病気と思わない。
    ・身体の症状が同時に出ることが多いため、自分がうつ病であると気づかないことがある。
  • 極期(うつ病の様々な症状がはっきりと現れる段階)
    ・この段階になると人に援助を求めない、あるいは求めることさえできないほどのひどいうつ状態。
    ・本人も周りの人も今までと違う状態に気がつく。
    ・ようやくこの段階で病気と認識。
  • 回復期(回復に向かいつつある段階)
    ・うつ状態が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ回復。
    ・この時期で注意しなければならないのは自殺。
    何もやる気が起こらない症状の時期に比べ、少し行動的になる回復期に多い。
    ・早く元に戻ろうと焦ったり、つい無理をしてしまう結果、症状が悪化したり、自死を引き起こす。
    ・あくまでも、じっくり、ゆっくり療養することが大切。

うつ病は再発する可能性のある病気

  • 回復してからはストレスの多い環境をできるだけ避け、ゆとりのある生活を心がけることが大切。
  • 無理のない範囲で活動の時間や、仕事の量・質を少しずつもとに戻す。
  • 再発が繰り返されると症状の期間が長引き、繰り返す期間が短くなる。

主な原因

いろいろな原因が複雑にからみあう。

ストレス

うつ病のきっかけとなるストレスとは多くの場合、環境の変化

  • 仕事を持つ人
    ・事業の不振、異動、昇進、単身赴任、リストラ、不本意な仕事、退職。
  • 女性
    ・結婚、出産、子育て、更年期障害。
  • その他
    ・大切な人との離別、離婚、病気、大きな問題の解決。

ストレスによる脳の神経伝達物質の分泌低下

  • 神経伝達物質とは神経細胞間の情報伝達を担う物質。
    ・セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど。
  • 神経伝達物質は
    ・心のバランスをとる
    ・気分を高揚させる
    ・やる気や意欲を起こさせる
    といった心とからだの働きを活性化する作用。

ストレスによるコルチゾールの分泌過多

  • ストレスにより副腎より、コルチゾールというホルモンを大量に分泌。
  • コルチゾールは脳の神経細胞を萎縮させる。

ストレスによる脳の血流低下

  • 言語、運動、精神活動を担っている脳の前頭葉を中心に脳の血流が低下。

うつ病になりやすい性格

脳のエネルギー放出が多く、エネルギーが枯渇。

  • 真面目、義務感強い。
    ・責任感強く、人あたりもよく、周囲の評価も高い。
    ・周囲の期待に応えようとして自分の限界を超えてまで頑張ろうとしてしまいがち。
    ・自分1人でなんとかしようと頑張ってしまう。
    ・次第に身体や心がついていかなくなり、疲労感やストレスに支配されてしまう。
  • 完璧主義、几帳面、凝り性。
    ・完璧でなければ気が済まず、足りない部分を無理にでも補おうとしてしまう。
  • 自己表現が苦手。
    ・常に他人に配慮を忘れず、円満な関係を保とうとし、他との関係を重視する。
    ・思ったことや感じたことを内側に閉じ込めて、上手く発散することができない。
  • 青年期の場合
    ・ものごとに対して回避的であったり、自己愛的な傾向。

 

主なな症状

  • 気分の落ち込みなどの精神症状だけでなく、身体の調子も悪くなる身体症状も現れる。
  • 日内変動。
    ・1日の中で時間とともに変化する。
    ・多くの場合は、朝が最も悪く、夕方にかけて回復。
  • 周囲が感じる身体的症状。
    ・口数が少なくなる、表情が乏しくなる、動作が鈍くなる。

精神症状

  • 抑うつ気分
    ・気が沈む、気が重い、悲しい気持ちになる、憂うつだ。
    ・自分の人生がつまらなく感じる、何の希望もない。
    ・このまま消えていなくなりたいと感じる。
    ・特に朝方は無気力で、何もする気が起こらない。
  • 意欲低下
    ・今まで好きだったことが楽しめない。
    ・テレビを見ても、音楽を聴いても楽しくない。
    ・身だしなみやおしゃれに関心がわかない。
    ・毎日生活に張りが感じられない。
    ・不安や焦燥感(落ち着きのなさ、イライラ)で、じっとしていられない場合もある。
  • 思考力低下
    ・集中力が低下し、仕事の能率が落ちる。
    ・些細な決断ができない。
    ・注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない。

全身症状

・こころの不調がからだにもあらわれる(心身相関)。
・いろいろな症状があらわれる。

  • 睡眠異常。
    ・入眠困難:布団に入っても眠れない。
    ・早朝覚醒:朝、目覚ましよりも早く目が覚める。
    ・中途覚醒:夜中に何度も目を覚ます。
    ・熟眠障害:寝た気がしない。
  • 食欲低下(ときに増加)。
    ・食欲がない。
    ・何を食べてもおいしくない、食べるのも億劫。
    ・ダイエットをしていないのに、体重が1か月で数キロも減った。
    ・甘い物が欲しくなり、過食になり体重が増加する。
    (食欲や体重は増加する場合もある)。
  • 疲労、倦怠感。
    ・からだがだるい、重い。
    ・ひどく疲れる、疲れがずっと残っている。
  • ホルモン系異常。
    ・月経不順、勃起障害。
    ・性的な関心がうすれ、性欲が低下する。
  • その他
    ・頭痛、頭重感。
    ・肩、背中、四肢関節の痛み。
    ・胃痛、便秘。
    ・動悸(心臓がドキドキ)。
    ・発汗、息苦しさ、窒息感。

 

対処

  • 心のエネルギーの充電。
    ・心のエネルギーを充填するためには、たっぷり休養することが大切。
    ・弱ってしまった脳の働きを取り戻すために、脳をしっかり休ませる。
    ・バランスの良い食事でエネルギー補給。
  • 日頃のストレスの軽減。
    ・自分の酷使、完璧主義を控える。
    ・充分な休息、くつろぎの時間を持つ。

初回限定特典

電話予約

LINE予約

営業時間
9時~12時
13時~19時

 

院長メッセージ

皆さんこんにちは、岡山県倉敷市で整体・カイロプラクティック院をしています「あなたの健康寿命を10年伸ばす施術家」、からだにっこりカイロ院長の川上 均です。

私は、「日本の健康寿命を10年伸ばし、健康で長生きする社会を実現し、社会利益に貢献すること」を使命として、仕事に取り組んでいます。

私は、「自分や家族が健康になること、そして皆さんが健康になることのお手伝いをすること」が大好きです。

私には皆さんに自信を持って提供できるサービスがあります。

それは施術家として、世界最速・最善・最適な施術によって「皆さんの辛い症状をとり、健康の大切さを人生のスパンで考え、皆さんの一人ひとりの人生としっかり向き合う」ことです。

人生100年時代です。健康は最大の資産です。そして何よりも大切な健康寿命を増やしてください。

選ばれる5つの理由

選ばれる5つの理由1

倉敷市 腰痛 K.Kさん 20代 

先生が優しく話を聞いてくださり、身体のコリをとって下さって「やっと誰かに言えた。」とホッと肩の力が抜けます。いつも温かく前向きなキーワードを下さり、前向きに考え、自分を励ませられるようになります。

(倉敷市 K.Kさん 20代 腰痛)

選ばれる5つの理由2

倉敷市 肩こり、頭痛 I.Fさん 50代 

先生とお話しして、原因がわからない痛みの不安が無くなります。最初の施術で驚くほど改善られ、身体がラクになり、元気に生活できます。身体の負担を軽減するストレッチも教えてもらえます。

(倉敷市 I.Fさん 50代 肩こり、頭痛)

選ばれる5つの理由3

岡山市中区 首の痛み、首の緊張 H.Hさん 50代 

整体、カイロプラクティックと言えば、ボキッとかバキッとかの痛いイメージがありますが、先生は身体のバランスを整える施術なので、リラックスして受けることができます。体幹がしっかりし、姿勢も良くなります。運動習慣、食生活のアドバイスもいただけます。

(岡山市中区 H.Hさん 50代 首の痛み、首の緊張)

選ばれる5つの理由4

瀬戸内市 パーキンソン病、手足の振るえ Y.Hさん 60代 

先生とお話しすると気持ちを前向きに持っていけます。どこの部分を施術して頂いても私自身も大変気持ちいいいいのですが、カラダが喜んでいると実感します。

(瀬戸内市 Y.Hさん 60代 パーキンソン病、手足の振るえ)

選ばれる5つの理由5

岡山市東区 腰・肩・膝の痛み O.Rさん 80代 

先生は全て悪い所を的確に施術してくださります。痛い所がなくなり、気持ちも落ちつき緊張感もほぐれ、ゆったりした気持ちになります。先生とのお話で不安がなくなり、心が爽快になります。

(岡山市東区 O.Rさん 80代 腰・肩・膝の痛み)

 

初回限定特典

電話予約

LINE予約

営業時間
9時~12時
13時~19時

 

追伸

からだにっこりカイロ院長川上均

私が一番大切にしている「自分を信じる力」についてお話しします。

現在私の治療院には、

  • 首・肩・背中・腰・膝・足の痛みなどの良くある症状でも病院、他の整体院で治らない人
  • パーキンソン病、膠原病、ジストニアなど西洋医学では改善が難しい人

など

たくさん来院されます。

皆さん、お医者さんから治らないと言われ、凄く心配で、不安な状況です。

症状が辛い上に、治らない不安で心も辛い状態です。

こんなときに私が患者さんに必ずお話しするのが

「気持ちで負けないでください」

「私は皆さんの症状が必ず良くなると信じています」

「あなたも必ず良くなると信じてください」

「大丈夫です、一緒に良くしましょう」

です。

このとき、皆さんの表情が一瞬で明るくなり、エネルギーが高まるのを感じます。

エネルギーが高まると自然治癒力も高まります。

反対に本当に治るのかなと疑った瞬間に、エネルギーが低下し、自然治癒力も低下します。

信じる力は奇跡を起こします。

信じる力を継続し、行動することで、望む結果がでてきます。

皆さん、「必ず良くなる!」と自分を信じて、信じる力を継続しましょう。

初回限定特典

電話予約

LINE予約

営業時間
9時~12時
13時~19時