足底中央部の痛み(有痛性外脛骨)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

足底中央部の痛み(有痛性外脛骨)

足底中央部の痛み(有痛性外脛骨)についてご覧ください。

有痛性外脛骨とは

  • 有痛性外脛骨とは

     ・外脛骨は足の舟状骨の内側に存在する過剰骨(普通にはない余分な骨)
     ・ 15〜20%の人に認められる
     ・多くは骨の出っ張りがみられるだけだが、痛みを伴う
     ・若年性のスポーツ障害として数多く見られる疾患
      10歳から15歳の思春期、女性に多い

  • 発症しやすいスポーツ

     ・新体操、バレエダンサー(バレリーナ)
     ・陸上競技、サッカー、バスケットボール

主な原因:外脛骨のストレス

1.捻挫が契機になることが多い
2.偏平足を伴うことが多い
3.急激な体重移動による足の負担増
4.過度な運動
 後頚骨筋の引っ張りによる炎症

 

筋肉痛についてご覧ください。

主な症状

1.スポーツ活動中や活動後に、足部中央の内側に痛み
2.歩くたびに激痛が走ることもある

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)