野球肘原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

野球肘

野球肘についてご覧ください。

野球肘とは

  • 野球肘とは投球動作により肘を痛めるスポーツ障害

     ・筋、腱、靭帯、神経などの軟部組織、骨軟骨の障害
     ・投球時に肘の内側は牽引力(引っ張り)、外側は圧迫力(骨のぶつかり)、ねじれ、剪断力(ずれ)が起こる
     ・小学生の野球選手における野球肘の発生率は20%
      大人に比べ筋力が未発達で骨軟骨組織が脆弱
     ・投手、捕手に好発
     ・障害の部位により内側型、外側型、後方型がある
     ・内側型(リトルリーグ肘)が多い

  • 内側型野球肘(主に内側側副靭帯損傷)

     ・成長期前半(小学生低学年)から痛みが出やすい
     ・少年期は靭帯が付着している内側上顆の成長軟骨付近の骨成分が傷つく
     ・成長が終わった高校生以降では骨と骨をつなぐ靭帯損傷(繰り返す牽引により靱帯が伸びた状態)

  • 外側型野球肘(主に離脱性骨軟骨炎)

     ・成長期後半(小学生後半〜中学)に痛みが出やすい
     ・成長期の関節軟骨や骨が未熟なときに発生
     ・上腕骨小頭の骨軟骨障害(骨軟骨の変性、壊死)

  • 後方型野球肘(主に肘頭骨端線離開)

     ・中学後半〜高校生に痛みが出やすい
     ・肘頭内側部の周囲に骨棘(こつきょく)が生じる

主な原因:投球過多(投げすぎ)、投球フォーム

内側型

 ・投球動作によって肘の内側に、離れようとする力(牽引力)が繰り返しかかる

外側型

 ・肘の上の上腕骨と下の橈骨が投球動作でぶつかること(圧迫力)で骨の表面にある関節軟骨が傷つく

後方型

 ・フォロースルー期に肘関節の後方(肘頭と上腕骨の肘頭膝窩)に圧迫、衝突が生じる

主な症状

1.初期では投球動作時の肘の痛み、圧痛
2.進行すると肘の運動痛、運動制限、小指側のしびれ

 

筋肉痛についてご覧ください。

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)