野球肩(投球障害肩)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

野球肩(投球障害肩)

野球肩(投球障害肩)についてご覧ください。

野球肩(投球障害肩)とは

  • 野球肩(投球障害肩)とは投球動作により肩を痛めるスポーツ障害

     ・野球、バレーボール、ハンドボール、水泳、やり投げなど上肢を酷使するスポーツで発症

  • インピンジメント症候群(インピンジとは衝突)

     ・ボールを投げすぎると腱板が疲労し、肩を支える力が弱くなり(肩関節が不安定)、上腕骨頭が肩関節や腱の一部とぶつかり損傷
     ・腱板(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋)は肩関節を安定する働き

主な障害

 ・損傷される部位は筋、腱、関節唇など様々
 ・肩の屋根にあたる肩峰と上腕骨の間の空間に腱板の一部や肩峰下滑液包などが挟まれる

筋、腱の障害

 腱板損傷、上腕二頭筋長頭腱炎

関節内障害

 関節唇損傷(SLAP損傷)

滑液包、関節包の障害

 肩峰下滑液包炎、滑膜炎

主な原因

1.投球過多(投げすぎ)

  

2.筋疲労

 繰り返し練習により特定の筋肉に疲労がたまって伸び縮みしにくくなる
 ・肩甲骨、腰、股関節の可動域低下
  

3.投球フォームの乱れ

 体幹が硬くなり肩への負担が増加し、肩を痛める

主な症状

1.初期では投球動作時の肩の痛み、圧痛、肩に引っかかるような違和感
2.進行すると
 ・痛くて自力で腕が挙がらない
 ・腕を下ろすときに痛みが走る
 ・夜、痛みがあり目が覚める
 ・痛くなったほうの肩を下にして寝れない
 ・肩の可動域制限

 

筋肉痛についてご覧ください。

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)