ジストニア原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

ジストニア

ジストニアについてご覧ください。

ジストニアとは

  • ジストニアとは筋肉の緊張の異常によって様々な不随意運動や肢位、姿勢の異常が生じる状態

     ・症状の名称であり、さまざまな病気が含まれる症候群
     ・中枢神経系に障害が起こることで骨格筋が異常収縮、痙縮(けいしゅく)、緊張をくりかえし、思うように体を動かすことができなくなる
     ・無意識の動作に関連する運動プログラムに異常が生じる
     ・随意運動をおこなう骨格筋にはジストニアが生じうる

  • 不随意運動とは自分の意思とは関係なく、体の一部が勝手に動いてしまうこと

     ・筋肉の不随意な動きによって、
      本来動かすべき部位が動かず、
      動かなくてよい部位が勝手に動く

ジストニアの原因による分類

一次性(特発性)ジストニア

 原因となる病気がない
  ・遺伝性ジストニア
   家族内に発病がみられる
  ・孤発性ジストニア
   遺伝性があると考えられるものの、家族内に発病している者がいない

二次性(症候性)ジストニア

 ・病気によって発症
   脳性麻痺、脳血管障害、脳炎、パーキンソン病、先天性代謝異常
 ・薬物の副作用、毒物、脳挫傷などの外傷

ジストニアの発症する部位による分類

局所性ジストニア(フォーカル・ジストニア)

 ・限られた範囲、特定の1か所だけに症状が現れる
 ・20歳以降の成人になってから発症

髄節性ジストニア

 複数部位に症状が現れる

分節性ジストニア

 隣り合う複数の部位に症状

多巣性ジストニア

 離れている複数部位に症状

片側性ジストニア

 片側の手足に症状

全身性ジストニア

 ・全身の筋肉の動きに異常
 ・小児期(20歳以前)から発症、進行性
   症状の発症が早いほど、他の体の部分に広がりやすい
 ・特定の遺伝子の突然変異

局所性ジストニアの種類

眼瞼痙攣(がんけんけいれん)

 ・眼の周りの筋肉に異常収縮が起こり、まばたきが思うようにできなくなる
 ・軽症ではまばたきが多くなる、重症になるとまぶたを開くことが難しくなる

痙攣性発声障害(咽頭ジストニア)

 咽頭や声帯の筋肉に発症し、のどが締め付けられるようになり、声がとぎれとぎれになる

痙性斜頸(けいせいしゃけい)(頸部ジストニア)

 ・首の筋肉に発症して、自分の意思とは関係なく、首が特定の方向(上下左右)に曲がってしまう
 ・首を動かせる範囲が限られたり、痛みが生じる
 ・発声(主に高音)する時に、頸部にジストニアの症状があらわれるのは発生時頸部ジストニア

メイジュ症候群(顔面ジストニア)

 顔面を中心に両目や口など対称性に力が入る

動作特異性ジストニア(職業性ジストニア)

 ・精密な動作を反復して長時間行う職業に発症する脳神経疾患
 ・誘因となる動作をしなければ症状がでない
 ・音楽家、外科医、美容師、大工、漫画家、ゴルファーなど特定部位の過剰な繰り返し作業によって発症(体の一部分の酷使)
 ・その職業にとって一番必要な部位がうまく動かなくなる

書痙(しょけい)

 字を書くときに使う筋肉に発症し、スムーズに字を書くことができなくなる

イップス

 ゴルファーで手と手首の筋肉に不随意的の痙縮が起きる

音楽家ジストニア

 ピアニストなら指や手、フルート奏者なら口に発症

主な原因

大脳基底核、小脳の障害

 ・大脳基底核の活動が過剰になる(ドーパミン減少)
 ・大脳基底核は筋肉の緊張を調整する動き
   運動野から筋肉への出力が影響を受けて、
    動かしたい筋肉が動かない、
    動かさなくてもよい筋肉の動きを止められない
   といった症状がでる
 ・動作特異性ジストニアは体の一部分の酷使により大脳基底核に障害が起きる
   特定の動作に対する運動プログ ラムだけが侵される

ストレス

 心身のストレス、疲労により悪化

特徴的な症状

常道性

 比較的決まったパターンの運動や姿勢

動作特異性

 ・特定の動作や環境において現れたり悪化
 ・しだいに他の動作でもジストニアが出現するようになることが多い

感覚トリック

  体のある部分を触るだけで症状が軽くなる

早朝効果

 朝のうちに症状が軽く、午後から夜にかけて悪化する
  ・軽症例に多くみとめられ、重症化すると消失する傾向にある

オーバーフロー現象

 動作にそれほど関係ない筋肉にまで症状が広がる
  ・健常な部位の運動により他部位にジストニアを生じる
  ・ジストニアを呈する部位の運動により、本来不要な部位まで筋収縮をきたす

フリップフロップ現象

 なにかのきっかけによって症状が突然軽くなったり、悪化したりする

共収縮

 互いに拮抗関係にある筋肉が同時に収縮する

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)