ギラン・バレー症候群原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群についてご覧ください。

ギラン・バレー症候群とは

  • ギラン・バレー症候群とはウイルスや細菌感染が契機となって末梢神経に障害が生じる自己免疫疾患

     ・1916年にフランスの医師ギランとバレーが症例報告
     ・ギラン・バレー症候群は複数の末梢神経が障害される病気(多発性神経障害、ポリニューロパチー)
     ・発症の1〜3週間前に咳、発熱、咽頭痛、頭痛、下痢などの感染症状があることが多い
     ・どの年齢層でも発症するが、若年成人と高齢者に多く、男性にやや多く見られる

  • 末梢神経は

     ・体の動きを司る運動神経、
     ・感覚を伝える感覚神経、
     ・人間の各器官(肺、心臓、血管、消化管、膀胱、子宮、内分泌線など)の働きを調整する自律神経
     からなる

ギラン・バレー症候群の分類

 ・末梢神経の障害部位により、脱髄型と軸索型に分類
 ・神経細胞には軸索と呼ばれる長い枝の部分、軸索のまわりを取り囲む髄鞘という部分がある
   軸索:電気信号の伝達路
   髄鞘:電気信号の伝達の速度に関わる

脱髄型

 ・髄鞘が破壊される
 ・軸索型に比べ、重篤な呼吸筋の麻痺や自律神経障害をきたす可能性が高い

軸索型

 ・軸索が障害される
 ・日本を含むアジアでは軸索型が多い
 ・脱髄型に比べ症状がピークを迎えるまでの期間が短く、
   症状が急速に改善する場合と、
   症状が落ち着いた後でも後遺症を残す予後の悪い場合
  とに二分されやすい

亜型(派生タイプ)

フィッシャー症候群

 外眼筋麻痺、運動失調、腱反射消失を主徴

純粋運動型

 運動失調のみ(シビレ、感覚低下はない)

咽頭頸部上腕型

 咽頭、頸部、上腕に筋力低下が限局

対麻痺型

 両下肢に筋力低下が限局

主な誘因

ウイルスや細菌感染が引き金となって起こる自己免疫性疾患

 ・前駆症状として発熱、咽頭痛などの上気道症状や下痢症状がある
 ・ウイルスや細菌に対して産生された抗体が末梢神経も標的として攻撃

医薬品、ワクチン接種の副作用

 ・医薬品の服用ないし接種後、2週以内の発症が多い
   インフルエンザワクチン、ポリオワクチン、インターフェロン製剤(肝炎治療に使用)、ペニシラミン(関節リウマチに使用)

ストレス

 心身のストレス、疲労により免疫力低下

主な症状

 末梢神経に障害が生じると脱力、しびれ、痛みなどの症状が現れる

急速に発症する両手足(左右対称性)の筋力低下、感覚障害(手袋靴下型分布)と腱反射の消失

 ・感染症状のあと1〜3週間して比較的急速に四肢の筋力低下(下肢から上肢に拡大)
 ・通常は2〜4週間目でピークに達し、進行は停止
 ・進行停止後は徐々に快方に向かう(個人差がある)
 ・感覚障害は運動障害に比べて軽度

大腿部、臀部、腰背部の痛み

脳神経の障害

顔面神経麻痺

 顔のシビレ、感覚・筋力低下、痛み

球麻痺

 飲み込みにくい、ろれつがまわらない
 球麻痺とは脊髄の上部にある延髄が損傷

外眼筋支配神経障害

 複視(物が2つに見える)

自律神経の障害

 頻脈、不整脈、起立性低血圧、高血圧

呼吸筋の障害

 呼吸ができなくなる

症状回復不良因子

 ・高齢者(年齢が60歳以上)
 ・先行感染として下痢症状の存在
 ・発症時、ピーク時に高度の麻痺が存在
 ・軸索障害の所見

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)