外反母趾原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

外反母趾

外反母趾についてご覧ください。

外反母趾とは

  • 外反母趾とは母趾(足の親指)の先が第2趾(足の人差し指)に向かって曲がる変形

     ・親指の爪が内側を向くねじれも加わる
     ・親指が小指側に15度以上曲がっているもの
      (軽症:20度未満、中程度:20度〜40度、重症:40度以上)
     ・ひどくなると、親指が人差し指の下に潜り込んだり、上に乗ったりする
     ・女性に多い(関節柔らかい、筋力弱い)

主な原因:足の横アーチが崩れる開張足

 開張足とは足のつま先に持続的な強い力をうけることで、足親指つけ根から、 足小指付け根にかかるゆるやかな横アーチの構造が崩れた状態

足裏の筋力低下

 加齢、運動不足

親指が外側に圧迫されるような靴

 足先の細い靴、ハイヒール

主な症状

1.親指の付け根の関節が突き出てしまい、その部分に炎症や痛みが起こる
 親指の変形している所と靴の内側が当たり、皮膚の下で粘液包(バニオン)ができる
2.体重をかけた時の親指付け根の痛み
3.第2趾や第3趾の付け根の裏にタコができ痛み
 開帳足になり地面に当たり痛む

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)