足首後ろの痛み(三角骨障害)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

足首後ろの痛み(三角骨障害)

足首後ろの痛み(三角骨障害)についてご覧ください。

三角骨障害とは

  • 三角骨障害とはスポーツ中に足首を伸ばす動きをした時に、足首(距骨)の後ろに痛みがでる疾患

     ・バレエ、サッカーなど足首を伸ばす動きをするスポーツに多い

  • 三角骨は足関節(足首(距骨))の後ろに位置する過剰骨(普通にはない余分な骨)

     ・距骨とひとつの骨として連続していることもある、このような形態のときは距骨後突起と言う
     ・ 約10%の人に認められる

主な原因

1.身体的ストレス
 過度な運動(足首を伸ばす動きによる炎症)
2.精神的ストレス(不安・心配・怒り・緊張)
 これらが原因で筋肉が疲労・緊張し、発痛物質を産出し、痛みが発生
 ストレスについてご覧ください。
3.捻挫が契機になることがある

主な症状

スポーツ中に足首を伸ばす動きをした時に足首(距骨)の後ろに痛み

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)