ランニング障害原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

ランニング障害

ランニング障害についてご覧ください。

ランニング障害とは

  • ランニング障害とは長時間、ランニングを続けることによって、多数回の負荷が反復され、骨や腱、筋肉などに少しずつ負荷がかかり続け、最終的に骨折や炎症などを引き起こす症状

     ・疲労骨折、腱鞘炎、腱炎など
     ・ランニングはジャンプの繰り返し運動であるため、衝撃が足裏から体全体にかかる
     ・腰や膝、足など下半身に痛みを起すのが特徴

  • 一方「傷害」は外傷ともよばれ、1回の強い負荷によって発生する怪我

     ・骨折、肉離れ、捻挫など

主な原因

1.身体要因

 その人自身の身体特性によるもので、年齢、アライメント(骨格の配列)、筋力、骨密度など

2.環境要因

 トレーニング中の周囲の環境に関わるもので、シューズ、路面(性質や傾斜など)、気温、湿度など

3.トレーニング要因

 トレーニングの強度、量、頻度、休養との関わりなど

主な症状

1.膝の外側の痛み

 ランナー膝(腸脛靭帯炎)

2.膝の下側の痛み

 ジャンパー膝(膝蓋腱炎、膝蓋靭帯炎)

3.膝の内側の痛み

 鵞足(がそく)炎

4.脛(すね)の内側の痛み

 シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎、過労性頚部痛)

5.内くるぶし下の痛み

 有痛性外脛骨

6.足の裏の痛み

 足底筋膜炎、足底腱膜炎

7.アキレス腱の痛み

 アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎

8.股の付け根の痛み

 鼠径周辺部痛症候群

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)