ベーカー嚢胞原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

ベーカー嚢胞

ベーカー嚢胞についてご覧ください。

ベーカー嚢胞とは

  • ベーカー嚢胞とは膝関節疾患により膝窩部の滑液包に関節液が流入し、嚢腫(のうしゅ)を形成したもの

     ・膝裏の少し内側に発生(大腿骨内側顆後方)
     ・滑液包が膝関節腔とつながっている場合、膝関節腔からの滲出液が貯留
     ・ベーカーは最初に症例を報告した人の名前
     ・50代以降の女性に比較的多く発生

  • 滑液包とは関節にある少量の液体(滑液)を含んだ平らな袋で皮膚、筋肉、腱、靭帯と骨がすれる部分に位置し,摩擦を減らす働き

     ・膝関節には10数個の滑液包がある

  • ベーカー嚢胞のふくらみや嚢胞が破裂し、膝の後ろを通っている膝窩静脈を圧迫し、血栓性静脈炎を引き起こすことがある

主な原因

1.変形性関節症、関節リウマチ、感染性関節炎などの膝関節疾患によって、膝関節内の滑液が増加し圧力が高まることによって、交通部位から後方滑液包に充満
2.オーバーユース

主な症状

1.膝裏の脹れ、膝裏の痛み
2.膝を曲げ伸ばししたときの痛み、違和感
3.膝関節の可動域制限

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)