ランナー膝(腸脛靭帯炎)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝(腸脛靭帯炎)についてご覧ください。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とは

  • ランナー膝とはランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称

     ・狭義には腸脛靭帯炎のことを指す
     ・腸脛靭帯は、大腿骨(太ももの骨)の外側に位置し、膝を伸ばした時は大腿骨の前方に、曲げた時は後方に移動

  • 発症しやすいスポーツ

     ・マラソン、バスケットボール、水泳、自転車、登山

主な原因:オーバーユース

1.膝の曲げ伸ばしをするたびに、腸脛靭帯が大腿骨外顆にこすれ、炎症が発生
 筋肉痛についてご覧ください。
2.体重による負荷が身体の外側にかかるケースで発生しやすくなる
 傾いた路面、外側がすり減ったシューズ

主な症状

膝外側(大腿骨外顆周辺)の痛み

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)