腰椎分離すべり症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症についてご覧ください。

腰椎分離すべり症とは

  • 分離症とは腰椎後部の椎間関節の基部の骨が分離した状態

     ・好発年齢は10〜15歳

  • すべり症とは腰椎の椎骨が前後にずれている状態

     ・腰椎分離症の10〜30%がすべり症を発症するといわれる

  • 腰椎分離すべり症の好発部位は第5腰椎

主な原因

1.骨格が未発達な少年期にスポーツで腰部に繰り返し負担がかかることで分離が発症(疲労骨折説)
2.加齢による背骨の変性
 椎間関節の分離により腰椎の安定性が悪くなり、加齢により、背骨・椎間板が変性し、すべりが発症

主な症状(坐骨神経痛の症状)

1.分離症だけでは自覚症状がでないことが多い
2.腰痛、腰・お尻の周りが重い・だるい
3.お尻・太もも後面・すね・ふくらはぎに鋭い痛みやシビレ
4.脚が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる(間欠跛行)
5.冷感・灼熱感・締めつけ感
6.ふくらはぎの張り
坐骨神経痛についてご覧ください。

 

こちらの動画もみてください。
腰痛痛みが続く原因

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)