変形性腰椎症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

変形性腰椎症

変形性腰椎症についてご覧ください。

変形性腰椎症とは

  • 腰椎症とは椎間板の機能低下(椎間板の変性)により背骨(椎骨)に骨棘(こつきょく)という骨のトゲができた状態
  • 椎間板の変性は50歳を過ぎるとほとんどの人にみられる

主な原因:加齢による椎間板の変性

椎間板が老化現象によりつぶれ、椎骨と椎骨が触れて刺激しあい、骨棘(こつきょく)という骨のトゲができる
 ・椎間板は背骨(椎骨)と背骨の間にあり、背骨に可動性を持たせながらクッションの役割

主な症状

腰痛、腰・お尻の周りが重い・だるいなど
 下肢の痛みやシビレは稀である

 

こちらの動画もみてください。
腰痛痛みが続く原因

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)