クローン病原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

クローン病

クローン病についてご覧ください。

クローン病とは

  • クローン病とは口腔から肛門まで、消化管のあらゆる部位に炎症や潰瘍が起こる炎症性腸疾患

     ・1932年に米国のクローン博士がはじめて報告
     ・小腸、大腸(特に回盲部といわれる大腸の始まりの部分)、肛門周囲に好発
     ・正常な部分を間に挟んで腸管の数カ所に分かれて起こる
     ・発症年令は20代後半をピークに10〜30代が最も多い、男:女比は2:1
      若い人の発症が多いことも特徴
     ・厚生労働省の特定疾患(難病)に指定

  • 消化管は口腔にはじまり、咽頭、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸、肛門まで、全長約6m
  • 炎症性腸疾患とは大腸および小腸に慢性の炎症または潰瘍を起こす病気の総称

     ・代表的な疾患として潰瘍性大腸炎とクローン病
     ・いずれも難治性の腸管障害で、若年層での発症が多い
     ・長期にわたり良くなったり(寛解期)、悪くなったり(活動期)を繰り返す
     ・クローン病と潰瘍性大腸炎は似通った共通点があることから、判別が難しい

  • 潰瘍性大腸炎とは大腸の最も表層にある粘膜とその下の層(粘膜下層)に潰瘍やびらん(ただれ)ができる炎症性の疾患

     ・潰瘍とは粘膜が欠損すること
     ・病変は大腸のみ
     ・特徴的な症状としては血便をともなう下痢と腹痛

  • 炎症とは生体が何らかの有害な刺激を受けたときに働く免疫応答によって出現する症候

     ・腸の炎症の結果、下痢・腹痛・発熱といった症状が生じる

病変部位による分類

 好発部位は小腸と大腸

小腸型

 小腸病変のみ

大腸型

 大腸病変のみ

小腸大腸型

 両方に病変を有する
クローン病患者全体の半数以上は小腸大腸型で、ついで小腸型、大腸型となる

主な原因

 はっきりしていない(非特異的炎症性腸疾患)
  ・遺伝的素因、免疫系異常、食事因子、腸内細菌など多くの要因が複雑に関与

自己免疫疾患

 病気から守ってくれるはずの免疫細胞が、何かのきっかけで過剰に働きすぎて消化管を攻撃する
 自己免疫疾患についてご覧ください。

腸内細菌の乱れ

 腸内細菌のバランスが崩れ、特定の細菌が増えることによって免疫機能に異常が起きたり、炎症を起こす

環境要因

 食事(動物性脂肪・たんぱく質、糖質の過剰摂取)、喫煙、薬・添加物などの化学物質

遺伝要因

 この病気になりやすい遺伝的体質

精神的ストレス

 不安、緊張
  ・脳と腸は深くつながっていて、脳にストレスを受けると腸の蠕動運動に影響を与える

身体的ストレス

 過労、睡眠不足、不規則な食生活
  ・体のストレスも腸の蠕動運動に影響を与える

主な症状

 症状が持続したり、再燃(悪くなること)と寛解(良くなること)を繰り返す
 ・慢性的な腹痛、下痢
  右下腹部痛がある場合は虫垂炎と間違われることも
 ・肛門部症状、痔瘻(じろう)
 ・体重減少
  小腸の障害による消化吸収の異常
 ・発熱、倦怠感、貧血、腹部膨満、血便など

合併症(もとの病気と関連して起こる病気)

腸管の合併症

瘻孔(ろうこう)

 腸と腸、腸とほかの臓器がつながる

癒着

 腸と腸、腸とほかの臓器がくっつく

穿孔(せんこう)

 腸に穴があく

狭窄

 腸が分厚く硬く、狭くなる

閉塞

 腸がふさがる

膿瘍(のうよう)

 炎症や潰瘍が起きている部位で、細菌などにより感染が起こり、膿がたまる

腸管以外の合併症

 1.関節の症状
   関節痛、関節炎
   ・関節に自己免疫疾患による炎症が起きる
 2.アフタ性口内炎、白目部分の炎症、皮膚病変、胆管炎

クローン病の生活習慣

正しい生活習慣を心がける

腸をいたわる食生活

 腸内細菌の環境を良くする
  ・消化によい食べ物(脂肪少なく、温かい食事)
  ・食べると症状が悪化するものは避け る
  ・よく噛む、ゆっくり食事

ストレス軽減

  ・休養:ゆったりとした時間、気分転換
  ・十分な睡眠(7時間)
  ・適度な運動(有酸素運動)
  ・規則正しい生活リズム

 

こちらの動画もみてください。
腸の働き

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)