潰瘍性大腸炎原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎についてご覧ください。

潰瘍性大腸炎とは

  • 潰瘍性大腸炎とは大腸の粘膜に広く浅く炎症が生じ、びらんや潰瘍ができる病気

     ・炎症は肛門に近い直腸から始まり、その奥の結腸に向かって拡がっていく
     ・炎症の程度は粘膜層〜粘膜下層までの表層に限られる
     ・長期にわたり良くなったり(寛解期)、悪くなったり(活動期)を繰り返す
     ・20〜30歳代をピークに20〜50歳代に多く分布
      若い人の発症が多いことも特徴
     ・厚生労働省の特定疾患(難病)に指定

主な原因:はっきりしていない(非特異的炎症性腸疾患)

自己免疫疾患

 病気から守ってくれるはずの免疫細胞が何かのきっかけで過剰に働きすぎて大腸を攻撃する
 自己免疫疾患についてご覧ください。

腸内細菌の乱れ

 腸内細菌のバランスが崩れ、特定の細菌が増えることによって免疫機能に異常が起きたり、炎症を起こす

環境要因

 食事(脂肪の多い食事)

遺伝要因

精神的ストレス:不安、緊張

 脳と腸は深くつながっていて、脳にストレスを受けると腸の蠕動運動に影響を与える

身体的ストレス:過労、睡眠不足、不規則な食生活

 体のストレスも腸の蠕動運動に影響を与える
などの要因が重なり影響

主な症状

症状が持続したり、再燃(悪くなること)と寛解(良くなること)を繰り返す

初期症状:局所症状

 下痢(便が軟らかくなって回数が増える)、血便(赤黒い色)、腹痛、粘液便(ねばねばした油のような分泌物が混じる)

症状悪化:全身症状

 発熱、体重減少、吐気・嘔吐、頻脈、貧血

合併症状

1)腸管以外の合併症

 ・皮膚の症状:結節性紅斑、壊疽性膿皮症
 ・関節の症状:関節痛、関節炎
 ・眼の症状:結膜炎、虹彩毛様体炎
 ・その他:口内炎、膵炎肝機能障害、肺機能障害

2)腸管の合併症

 大腸からの大出血、中毒性巨大結腸症、穿孔

炎症の範囲による分類

直腸炎型

 直腸だけに炎症をおこす

左側大腸炎型

 腸の左側のみ炎症をおこす

全大腸炎型

 ほぼ大腸の全部に炎症をおこす

臨床経過による分類

再燃緩解型(40〜60%)

 再燃、緩解を繰り返す

慢性持続型(10〜20%)

 初回発作より6カ月以上、活動期が続く

初回発作型(20%)

 発作が1回だけのもの
 将来再燃をきたし、再燃寛解型となる可能性が大きい

急性劇症型(〜10%)

 症状が激烈で巨大結腸症、穿孔、敗血症などの合併症をともなう

 

こちらの動画もみてください。
腸の働き

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)