ブシャール結節原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

ブシャール結節

ブシャール結節についてご覧ください。

ブシャール結節とは

  • ブシャール結節とは人差し指から小指の第2関節(PIP関節)に生じる手指の変形性関節症

     ・へバーデン結節に伴って起こることが多い
     ・関節リウマチも第2関節に出ることが多いので、関節リウマチかどうかを見分けることが重要

  • ヘバーデン結節は指先から数えて1番目の関節に生じる
  • 結節とは指関節の背側にできる骨の変形による膨らみ
  • 関節リウマチは手首や膝等の大きな関節が腫れることが多い

     ・朝、手や指がこわばるのが特徴、関節の痛みは全身に広がる
     ・指の関節が腫れる場合、先から2番目(PIP関節)か3番目(MP関節:指の付け根)の関節が強く腫れる

主な原因

関節に繰り返し負担がかかり、関節軟骨のすり減り

 ・スポーツや仕事で手の使いすぎや指を良く使う人
 ・加齢 

女性ホルモンの変動

 妊娠出産期の女性や更年期の女性に多い

主な症状

1.最初は手指のこわばり、痛み、腫れ、熱感
2.進行すると指が伸びなくなったり、指が横に曲がった状態でかたまる(指の変形)
 ・軟骨の摩耗が進むと関節の周囲に骨棘(こつきょく)と呼ばれる突起ができ、関節が太くなったように見える

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)