手根管症候群原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

手根管症候群

手根管症候群についてご覧ください。

手根管症候群とは

  • 手根管症候群とは正中神経が手根管の中で圧迫されて指のしびれや筋力の低下、筋肉の萎縮を生じる疾患

     ・中高年の女性に多い(手根管の隙間が狭い)

  • 手根管とは手のひらから手首にかかる部分にある手根骨と横手根靭帯とからなるトンネル構造

     ・屈筋腱、正中神経が通る

  • 正中神経の支配領域は親指、人差し指、中指、薬指の中指側

     ・親指の動きを司る神経

主な原因

手根管の狭窄による正中神経の圧迫

 ・仕事、スポーツ、演奏で手を酷使する人の屈筋腱の腱鞘炎による狭窄
 ・関節リウマチによる滑膜炎による狭窄
 ・人工透析患者のアミロイド沈着による狭窄
 ・骨折などの変形による狭窄

女性ホルモンが関連

 妊娠中、閉経後の女性に多く発症

筋肉の緊張による肩、腕、手の血行不良

 筋肉痛・シビレをご覧ください

主な症状

初期症状として人差指、中指のしびれ、痛み

 ・薬指、親指に起きることもある(小指のしびれなし)
 ・しびれ、痛みは夜間、特に明け方に増強する
  眠っている間、手を握っていることが多く、屈筋腱に緊張がかかり、神経の締め付けが強くなる

症状の進行に伴い筋力低下、母指球筋の萎縮

 ・ボタンかけ、硬貨、紙幣のつまみ、箸が不自由になる
 ・肘から肩にかけてのしびれや痛みを伴うことがある

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)