痛みの種類 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

侵害受容性疼痛

 侵害受容性疼痛とは組織の損傷や炎症に伴い発現した物質によって起こる痛み。
  ・体性痛と内臓痛に分けることができます。

体性痛

 体性痛は表在痛と深部痛に分けることができます。 

表在痛

 皮膚や粘膜に起こる痛み。

深部痛

 骨膜、靱帯、関節包、腱、骨格筋、筋膜などの痛みで、腹膜、腸管膜、横隔膜、血管の痛みもここに分類されます。

内臓痛


 1.固形臓器(肝臓、腎臓、膵臓など)の場合は被膜の急激な伸展、管腔臓器(食道、胃、小腸、大腸など)の場合は消化管内圧の上昇を起こすような圧迫や伸展、内腔狭窄が原因で痛みが発生します。
 2.痛みの原因は、平滑筋の痙縮や管腔臓器の膨満による虚血であり、虚血によって発痛物質が発生します。
 3.内臓に異常があるとき、その反応が関連する神経を介して特定の体表面に知覚過敏や圧痛として現れることがあります(内臓−体性反射)。関連痛と呼びます。


神経障害性疼痛

 末梢、中枢神経の直接的損傷に伴って発生する痛み。
  ・障害された神経の支配領域にさまざまな痛みや感覚異常が発生します。
  ・帯状疱疹後神経痛(神経に感染したウィルスが原因)、三叉神経痛(主に血管による神経の圧迫が原因)など


心因性疼痛

 侵害受容性疼痛、神経障害性疼痛以外の心因的なものでしか説明できない痛み。
  ・身体的異常がないのに重篤な痛みが続く、全身が痛い。
  ・吐き気、下痢、ふらつき、脱力などの自律神経症状を伴う。


「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)