口の中が痛い(口内炎)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

口の中が痛い(口内炎)

口内炎についてご覧ください。

口内炎とは

  • 口内炎とは口の中や口の周辺に起こる炎症の総称

     特定の場所にできる場合は、
     ・歯ぐき:歯肉炎
      歯周病の初期段階に見られる炎症
      歯と歯肉(歯ぐき)の境い目に菌が付着して増殖
     ・唇:口唇炎
      唇の慢性的な炎症や亀裂、唇の皮膚の剥離
      主なものにアトピー性口唇炎、接触性口唇炎
     ・舌:舌炎
     ・口角:口角炎
     と呼ぶ

  • 口内炎はそのままにしておいても、通常は1週間から10日間くらいで自然に治る
  • 口内炎は体調のバロメーター

     かぜや疲れなどで免疫力が落ちているとき、体調を崩したときにできやすい

  • 口内炎は体からのSOSサイン

     繰り返し口内炎が複数個できて数週間治らないケースは、慢性胃炎胃潰瘍肝機能障害など消化器系の病気の可能性がある
     ・口は胃腸の入り口、胃腸が荒れればそのサインを口の中や口の周りなどに発する
     ・全身の病気の一部として口腔内に発生するものがある

口内炎の種類

 口内炎は赤くなる程度のもの、ただれや潰瘍、水疱などができるもの、痛みが強いものなど、症状や種類はさまざま

アフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)

 ・アフタとは口腔粘膜にできる1cmまでの痛みを伴う円形潰瘍、境界のはっきりした白い円形
 ・口内炎の中で最も多い
 ・同時に複数できることも多く、歯ぐき、頬の内側、舌、唇の裏、舌の裏など口の中のいたる所にできる
 ・何度も繰り返しできる場合は再発性アフタ性口内炎
 ・消化器や目などの全身に炎症を起こすベーチェット病、体の免疫力が低下する糖尿病・白血病でできることがある

ウイルス性口内炎

 ・ウイルス感染による症状の一つとして口内炎が発生
 ・主なものにヘルペス性口内炎、手足口病による口内炎、ヘルパンギーナによる口内炎

カタル性口内炎(紅斑性口内炎)

 ・口の中の粘膜がただれ、赤く腫れる
 ・周囲の健康な粘膜との境い目がはっきりせず、腫れが広がる
 ・潰瘍ができないので、痛みはそれほど強くない
 ・口の中の灼熱感や粘りの強い唾液の量が増え、口臭がでる
 ・口蓋、唇、頬の内側、舌に発生することが多い

カンジダ性口内炎

 ・口腔内に常在するカビの一種であるカンジダ菌によって舌にできる
 ・免疫の低下した人に起こりやすく、白い小さな斑点が集まってこけのようになり、しみるような痛み

アレルギー性口内炎

 ・抗原が触れたところが広範囲に炎症を起こす
 ・口の中のただれ、アフタ性口内炎、水ぶくれ

主な原因:いろいろな要因が積み重なる

口腔内の傷に細菌が感染

 1.頬、唇、舌を噛んだ傷
 2.歯磨き、硬い食べ物、入れ歯による刺激の傷
 3.熱いものを食べた時、口の中に軽いやけど

免疫力低下

 ・睡眠不足、疲労
 ・女性は生理前や妊娠中などホルモンバランスの不安定

ストレス

 口の粘膜の新陳代謝低下により表面が荒れる
 ストレスについてご覧ください。

ビタミン不足

 特にビタミンB2(粘膜を守る働き)
 レバー、乳製品、卵、魚介類、納豆に多く含む

口の中の不衛生

 口の中の雑菌が増える

アレルギー反応

 特定の食品や歯科金属、薬剤(抗生剤・鎮痛剤)

ウイルス、菌

 ・カンジダ(真菌)やヘルペスウイルス感染
 ・唾液が減少し、口の中が乾燥することによって、口腔内のカビや細菌が増える

主な症状

 1.初期は口が荒れたり、しみて痛い
 2.進行すると接触痛が強くなり、食事がとれない、飲み込みにくい、しゃべりにくいなど

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)