低血圧症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

低血圧症

低血圧症についてご覧ください。

低血圧症とは

  • 低血圧症とは単に血圧が低いだけでなく、そのためにさまざまな症状があらわれる状態

     ・くり返しの測定で最高血圧が100mmHg未満、最低血圧が60mmHg未満の状態
     ・動脈の中の血圧は心臓の収縮、拡張に応じて上がったり下がったりする
     ・低血圧に伴う症状がないものは問題ない
     ・血圧が低いため動脈硬化の進行は遅くなり長寿を全うする人が多い

  • 血圧とは心臓から送り出された血液が動脈の内壁を押す力のこと

     ・血圧の高さは心臓が血液を押し出す力と血管の拡張で決まり、血管の弾力性も関係
     ・血圧は常に変動し、通常は朝の目覚めとともに上昇し、日中は高く、夜間・睡眠中は低くなる
     ・最高血圧(収縮期血圧)とは動脈の血圧が心臓の収縮により最高に達したときの値
     ・最低血圧(拡張期血圧)とは心臓の拡張により最低に達したときの値

  • 夏は冬より血圧下がる

     体温を適正に維持するためにからだの血管が拡がり、熱を放出
       
     血管の収縮が十分になされない
       
     心臓へ戻る量が減る
       
     心臓から送り出される血液量も減り、血圧が低下

  • 貧血との違い

     ・貧血は血液の中の赤血球が減ったり、赤血球の鉄分が不足して起こる病気
     ・貧血は全身の血が足りない、低血圧は血流循環が悪い

低血圧症の種類

本態性低血圧症

 原因の判らないものをいい、遺伝的な因子や生活習慣などの環境因子が関与

二次性低血圧症

 ・心臓(心不全、不整脈)、脱水症、腎障害、内分泌系(甲状腺機能低下)異常など血流、血圧低下の原因となる病気
 ・薬の副作用
 ・原因となる病気を治療することで改善

起立性低血圧

 立ち上がったり、長時間立ち続けていたりすると重力で下半身に流れた血液がそのまま心臓にもどらなくて血圧がさがってしまう
 ・自律神経が血圧を調節し、姿勢を変えても血圧を維持
 ・起立したときに下半身の血管を収縮させ、血液量を調整
 ・高齢者に多い
 ・子供の場合、体の成長に対して自律神経の成長が追いつかない

食後低血圧

 食後に限って血圧が過度に低下
 ・食後にだるくなったり、胃もたれや吐き気、眠くなったり、ひどいときは立ちくらみや失神
 ・消化のために胃に血液が集まり、心臓に戻りにくくなる
 ・食物を消化するには大量の血液が必要
 ・高齢者に多い

本態性低血圧症の要因

環境因子(生活習慣)

 1.不規則な食事、偏食、塩分・ミネラルの少ない食事
  食欲不振などから食事をきちんと取らない
 2.運動不足
 3.日光に当たらない生活
 4.遅寝遅起きの生活スタイル
などが心臓の力を弱め、体の末梢に汚れた静脈血が貯留し、全身の循環が悪くなり多彩な症状が現われる

遺伝因子

 自律神経・内分泌系・心臓の働きが弱かったり、血液の量が少なかったりするケースが多い
 1.無力性体質、神経質
 2.やせ型で蒼白い顔色
 3.疲労を感じやすい
 4.冷え性、虚弱体質
 5.内臓下垂を伴いやすい

主な症状

・血圧が低く、全身の臓器に十分な血液が行き渡らずに症状が現れる
・細胞が十分な酸素や栄養を受け取れず、老廃物が溜まる
 1.だるい、疲れやすいといった全身倦怠感
 2.朝の目覚めが悪く、集中力が低下
  ・朝起きが苦手、全身倦怠感などで登校、出社できないため周囲の理解が必要
  ・交感神経の活動が弱いため、エンジンがかかるまでに時間が必要
 3.頭痛めまい肩こり目の疲れ耳鳴り不眠、動悸、息切れ、食欲不振、吐き気、便秘、胃もたれ
  ・自律神経失調症との診断を受けやすい状態
  ・体の不調が心理面に影響
 4.起立性低血圧症ではめまい、立ちくらみ、一時的に目の前が暗くなったり、意識が軽く薄れる
  ・立ち上がったときに血圧が保てず、脳の血流が低下
  ・血圧が下がりすぎた場合、重力の影響で最初に機能不全になるのは体の最も高い位置にある脳

生活習慣の改善

食事

 1.食事の時間と回数
  ・決まった時間に1日3回規則正しく
  ・朝食をとってエネルギー補給
 2.温かく、消化のよいもの
  ・低血圧の人は胃腸障害を起こしやすいので、一度に多く食べずに胃に負担を与えないものを食べる
  ・栄養バランスの良い食事
 3.高エネルギー、高タンパクの食事
   卵、肉、魚などエネルギー高く、タンパク質豊富な食事
 4.水分、塩分の摂取量増加

早起きと十分な睡眠

適度な運動

 体を動かして血行促進

過労を避け、十分な休息とリラックスできる時間を持つ

 とても真面目な性格のため無理に社会に適応しようとして非常にストレスな生活を強いてしまう

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)