子宮腺筋症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

子宮腺筋症

子宮腺筋症についてご覧ください。

子宮腺筋症とは

  • 子宮腺筋症とは子宮内膜症が子宮の筋層に発生したもの

     ・月経のたびに血液が溜まり、子宮が少しずつ大きくなる
     ・月経痛は子宮内膜症よりも強い

  • 子宮内膜症とは子宮の内側を覆っている子宮内膜という組織が子宮の外で発生、増殖する疾患

     ・生理がある女性のみにみられ、多くは20代〜40代
     ・初経の年齢が早くなってきているので、10代の若い女性に発生することもある
     ・近年の女性のライフスタイルの変化による晩婚化、少産化のために数は増加
     ・閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、症状も治まる

  • 子宮内膜は子宮内壁の一番表面にあって、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンによって増殖し、妊娠する準備をする

     ・受精卵が着床(妊娠)したときに、栄養を与える役割のため、妊娠がおこらないと、月に1回子宮から剥がれて出血し、生理となる

  • 子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返す

     ・月経周期が短く、月経期間が長い人のほうがなりやすい
     ・子宮以外での増殖した内膜や血液は体外に排出することができないため、腹腔内にとどまり、炎症や痛み、癒着の原因になる
     ・ほとんどの場合、閉経するまで少しずつ進行

早期発見のポイント

 次第に悪化する生理痛
 ・月経の回数を重ねるごとに痛みが強くなる

子宮腺筋症の分類

びまん型

 病変が子宮筋全体に存在し、子宮全体が厚くなる

腫瘤(しゅりゅう)形成型

 病変が子宮前壁や後壁など一部に生じ、部分的に筋層が厚くなる

子宮筋腫との違い

 ・子宮筋腫は良性の腫瘍で、境界のはっきりしたこぶ、
 子宮腺筋症は正常の子宮筋層との境界がわかりにくい
 ・過多月経は子宮筋腫よりも重症

主な原因

 子宮腺筋症ができる原因ははっきりと特定できていない

内膜細胞の筋層への侵入

 1)境界面のバリア機能の破たん
  ・分娩や流産、子宮にメスを入れる手術などの外傷
  ・手術により内膜組織が直接筋層内に埋め込まれる
 2)内膜細胞が活性化し、浸潤能の亢進
 3)筋細胞や免疫細胞が変化し、浸潤阻止能の低下

環境ホルモン(化学物質)

 女性ホルモンの分泌を乱す

食事

 動物性高脂肪食はエストロゲンを過剰に分泌させる

ストレス

 ストレスによる血行不良、ホルモンバランスの乱れ

主な症状

 ・代表的な症状は痛みと月経過多
 ・子宮内膜症は月経のたびに進行するため、月経の回数が多い人ほど病気が進行し、重症になる傾向

月経痛

 生理中、子宮を収縮させる物質プロスタグランジンが病巣からも分泌され、痛みがさらにひどくなる

月経過多

 ・子宮自体が肥大化するため、月経時の出血が多い
 ・生理の量が多くなることで貧血症状(息切れ、倦怠感など)になる

生理の時以外にも下腹部痛や腰痛

 子宮の肥大化により下腹部痛が生じやすい

子宮の前方にできた場合

 膀胱が圧迫されて頻尿になりやすい

子宮の後方にできた場合

 腸が圧迫されて便秘になりやすい

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)