子宮内膜症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

子宮内膜症

子宮内膜症についてご覧ください。

子宮内膜症とは

  • 子宮内膜症とは子宮の内側を覆っている子宮内膜という組織が子宮の外で発生、増殖する疾患

     ・生理がある女性のみにみられ、多くは20代〜40代
     ・初経の年齢が早くなってきているので、10代の若い女性に発生することもある
     ・近年の女性のライフスタイルの変化による晩婚化、少産化のために数は増加
     ・閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、症状も治まる

  • 子宮内膜は子宮内壁の一番表面にあって、卵巣から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンによって増殖し、妊娠する準備をする

     ・受精卵が着床(妊娠)したときに、栄養を与える役割のため、妊娠がおこらないと、月に1回子宮から剥がれて出血し、生理となる

  • 子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返す

     ・月経周期が短く、月経期間が長い人のほうがなりやすい
     ・子宮以外での増殖した内膜や血液は体外に排出することができないため、腹腔内にとどまり、炎症や痛み、癒着の原因になる
     ・ほとんどの場合、閉経するまで少しずつ進行

早期発見のポイント

 次第に悪化する生理痛
 ・月経の回数を重ねるごとに痛みが強くなる

子宮内膜症ができやすい場所

 卵巣、卵管、腹膜、ダグラス窩(か)(子宮と直腸の間のくぼみ)、膀胱子宮窩(膀胱と子宮の間のくぼみ)、仙骨子宮靭帯(子宮を支える靭帯)などの子宮周囲の組織

卵巣チョコレート嚢胞

 卵巣の内部に発生したものは嚢胞(のうほう)を形成し、褐色の血液が貯留する
 卵巣チョコレート嚢胞についてご覧ください。

腹膜子宮内膜症(腹膜病変)

 腹膜や臓器の表面に発生したもの

子宮腺筋症

 子宮筋層内に発生したもの
 子宮腺筋症についてご覧ください。

主な原因

 子宮内膜症ができる原因ははっきりと特定できていない

子宮内膜移植説(月経血逆流説)

 ・生理中にはがれ落ちた子宮内膜の一部が腟から経血とともに体外に出ず、逆に卵管を通って卵巣の方へ移動して腹腔に達する
 ・子宮内膜症細胞が血管やリンパ管を通って他の部位に移動する

体腔上皮化生説(腹膜化生説)

 卵巣を包んでいる皮膜や子宮や卵管などの臓器を包んでいる腹膜など、子宮以外の部位にある上皮細胞が子宮内膜細胞に変化する

主な症状

 ・代表的な症状は痛みと不妊
 ・子宮内膜症は月経のたびに進行するため、月経の回数が多い人ほど病気が進行し、重症になる傾向

月経痛

 生理中、子宮を収縮させる物質プロスタグランジンが病巣からも分泌され、痛みがさらにひどくなる

生理の時以外にも下腹部痛や腰痛

 子宮内膜組織が骨盤内の臓器に癒着し、下腹部痛が生じやすい

排便痛

 病巣が直腸やその付近にあったり、癒着が周囲に起きている場合、肛門の奥に激しい痛み

性交痛

 ダグラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)に病巣や癒着があると、セックスのとき腟の奥の方が激しく痛む

吐き気、嘔吐、下痢

 生理中のプロスタグランジンの作用で胃や腸が収縮

不妊

 子宮内膜組織と臓器の癒着によって、卵管が狭くなったり塞がれたり、卵巣と卵管の動きが悪くなる

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)