夜尿症(おねしょ)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

夜尿症(おねしょ)

夜尿症(おねしょ)についてご覧ください。

夜尿症(おねしょ)とは

  • 夜尿症(おねしょ)とは夜寝ている間、無意識のうちに排尿してしまうこと

     ・週に2回以上の頻度で、少なくとも3か月以上の期間

  • おねしょと夜尿症の違いは年齢で区別

     ・おねしょ:幼児期の夜尿
       発達の過程で解消するものと考える
     ・夜尿症:小学校入学前後( 5,6歳)以後続く夜尿
       疾患ととらえて夜尿症という
     ・夜尿症は小児の慢性疾患の中で、アレルギーに次いで多い
     ・昼間だけ、昼間と夜の両方の尿漏れは尿失禁症という

  • 夜尿症の割合

     ・ 5,6歳で約15%、小学校低学年で約10%、小学校高学年で約5%、12歳ぐらいで約1〜3%、成人になっても夜尿がみられる場合がある
     ・年間15%ずつ自然治癒(自然治癒の平均年齢は7.3歳)
     ・男児に多い(男女比2:1)
     ・夜尿は排泄に関わる発達の遅れ,いつかは自然に治る 
      両親が心配の場合、治療開始時期は学校の宿泊行事を考慮し、8歳(小学校3,4年生)ぐらいから

夜尿症の主な種類と原因

多尿型(全体の7割程度)

 1.夕食から就寝までの水分過剰摂取
 2.脳下垂体から分泌される抗利尿ホルモン(尿を濃くして尿量を少なくするホルモン:昼少なく、夜多い)が少ない
  ・昼間と同様に薄い多量の尿が造られる

膀胱型、畜尿機能未熟

 ・膀胱容量が少ない、貯めておける尿量が少ない
 ・眠っている間に膀胱の緊張状態が解けず、貯められる尿の量が少ない

混合型

 多尿型と膀胱型の混合

尿意覚醒障害・未熟

 ・眠っている間に尿意に気づくことができず、起きない
 ・浅い眠りが続き、常に尿意の刺激があって麻痺してしまうために起きられない

遺伝

 片親に夜尿症の既往がある場合は40%、両親ともに夜尿症の既往がある場合は70%の子供に出現

夜尿症の3原則

あせらない

 子どもの成長や発達には個人差がある
  ・のんびりしたおおらかな気持ちで治ってくるのを待つ

おこらないく

 本人も気にしている、自尊心傷つ
  ・叱ってしまうと劣等感を助長し、自信を喪失。叱るのは逆効果、優しい気持ちで接する

起こさない

 夜中に起こしてトイレに行かせることは、睡眠リズムを狂わせ、抗利尿ホルモンの分泌の高まりや排尿機能の発達を妨げる

生活指導

生活スタイルを見直すだけで約2割が改善

規則正しい生活:早寝・早起き・朝ご飯

 膀胱や尿道のはたらきを調節している自律神経が整う

水分の取り方(水分摂取のリズム)

 ・朝食、昼食時はしっかり取り、夕方以降は減らす
 ・夕食は就寝の2、3時間前までに済ませ、その後は水分摂取は控える

食事の塩分控えめ

 喉が乾いて水分をとりすぎる

冷やさない

 入浴などで体を温める

寝る前にトイレに行く

便秘の改善

 便が膀胱を圧迫し、容量を小さくする

大人の夜尿症

  • 一次性( 80%以上)

     乳児期から引き続いている

  • 二次性

     一度見られなくなってから、何らかのきっかけで再び見られるようになる

原因

 1.遺伝的因子
  膀胱機能・成熟の遅れ
 2.精神的ストレス
  夜間の抗利尿ホルモンの分泌低下
   ・半年〜1年以上なくなっていた夜尿が、突然始まる
 3.膀胱や腎臓に器質的原因

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)