前立腺肥大症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

前立腺肥大症

前立腺肥大症についてご覧ください。

前立腺肥大症とは

  • 前立腺肥大症とは前立腺が肥大して、尿道や膀胱が圧迫されて、様々な排尿症状を引き起こす良性の疾患

     ・年齢とともに高くなり50歳からより増加、50歳代で約3割、70歳代で7〜8割
     ・排尿症状を伴うのはこのうちの4分の1
     ・ほうっておくと尿が全く出なくなることもある(尿閉)

  • 一般的な排尿回数は

     ・昼間:4〜6回
     ・夜間:0〜1回、多くても2回程度

  • これを超えて、1日8回以上トイレに行く状態は頻尿
  • 前立腺は

     ・男性にしかない生殖器
     ・膀胱の下にあり、なかを尿道が通る
     ・栗の実ほどの大きさ(重さ約20g)

  • 前立腺の働きは

     ・前立腺液といわれる精液の一部を作り、精子に栄養を与えたり、精子を保護する役割

主な原因

男性ホルモンの働き

 はっきりと解明されていないが、加齢による男性ホルモンの変化に影響

欧米化の食生活

 欧米人に多いことから、高たんぱく・高脂肪の食生活

主な症状(第1期〜第3期)

第1期:膀胱刺激期(排尿障害)

 夜間にトイレの回数が多くなる、尿に勢いがない、尿がすぐ出ない、少ししか出ない、時間がかかる

第2期:残尿発生期(残尿感)

 尿をした後もすっきりせず残っているような感じ

第3期:慢性尿閉期

 ・昼夜を問わずトイレに行く回数が増える
 ・排尿にかかる時間が長くなる(一回の排尿に数分)
 ・時には尿が全く出なくなる(尿閉)

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)