自律神経失調症原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

自律神経失調症

自律神経失調症についてご覧ください。

自律神経失調症とは

  • 自律神経失調症とは自律神経のバランスの乱れによって、自律神経に支配されている器官がうまく働かずに心身の不調があらわれる症状

     ・病態を表し、病名ではない
     ・検査をしても異常がないのに、さまざまな症状が現れる(機能的異常)
     ・文字どおり自律神経が失調した(バランスが崩れた)状態
     ・ストレスや生活の乱れなどに対し、からだが発する注意のサイン
     ・からだの異常(器質的異常)ではなく、体を守ろうと防御反応による不快な症状
      ・自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると全身の機能に支障をきたして、さまざまな症状がでる

  • 自律神経は人間の各器官(肺、心臓、血管、消化管、膀胱、子宮、内分泌線など)の働きを調整

     ・その時々のからだの状況に応じて、意思とは無関係に自動的に働き、体内をつねにベストの状態に保ち続ける
     ・自律神経がうまくバランスを保ち働くことで汗や体温の調節、血圧、呼吸、心臓の動き、食べ物の消化など人間にとって重要な活動を調節

  • 自律神経は交感神経と副交感神経の二つに分けられ、互いに相反するように働く

     ・脳にある視床下部という場所が司令塔となって、この両者のバランスをとる
     ・自律神経がバランスよく働くことにより、健康を保つことができる

  • 交感神経は日中に優位に働き、仕事や勉強といった活動をするための神経

     ・心拍数上げる、血管収縮して血圧上げるなど、活動しやすい興奮状態にする

  • 副交感神経は夜間に心身を休息させるために働く神経

     ・心拍数を下げる、血管を広げて血圧を下げるなど、興奮状態からリラックス状態に導く

  • 現代社会では緊張状態が続いたり、生活習慣が乱れたりしやすい影響で、交感神経の働きが活発になりやすく、副交感神経の働きが悪くなる人が増える

     ・自律神経は昼間に活動し、夜は眠るという生活リズムになるように働く

心身症との違い

 心身症はなんらかの身体の病気があって、その原因や経過に心理的なものが深くかかわっている
  ・ストレスによる過敏性腸症候群胃・十二指腸潰瘍、過呼吸症候群、気管支喘息といったもの
  ・自律神経失調症状がある特定の臓器や器官に強く現れる場合は、自律神経失調症とは言わず、別の病名がつく

うつとの違い

 うつは精神疾患で、精神エネルギーの低下により生じる症状によって日常・社会生活に支障がでる病気
  ・抑うつ気分(気分の落ち込み)
  ・興味や喜びの喪失(何も興味を持てない、楽しいと感じられない)
  ・疲労感
  ・睡眠の異常(多くの場合、不眠)
  ・食欲の異常(多くの場合、食欲低下)、体重減少
  ・罪責感(些細な事で自分は罪深いと考えてしまう)
  ・集中力の低下
  ・希死念慮(死にたいという考え)

自律神経失調症のタイプ

心身症型

 もっとも多いタイプ
  ・日常生活のストレスが原因
  ・心と体の両面に症状があらわれる
  ・几帳面で努力家のまじめな性格の人がなりやすい

神経症型

 心理的な影響が強いタイプ
  ・自分の体調の変化に非常に敏感
  ・少しの精神的ストレスでも体調をくずす
  ・感受性が過敏
  ・精神状態に左右されやすい
  ・感情の移り変わりが体に症状として現れる

本態性型

 子供の頃からの、元々持っている体質に原因
  ・自律神経の調節機能が乱れやすい体質
  ・体力に自信がない虚弱体質の人、低血圧の人に多い
  ・日常生活のストレスはあまり関係しない

抑うつ型

 心身症型がさらに進行
  ・やる気が起きない、気分がどんより沈んでいるといった、うつ症状が見られる
  ・肉体的にも、頭痛、微熱、だるさ、食欲ない、不眠などの症状
  ・几帳面な性格や、完全主義の人がなりやすい

主な原因

 いろいろな原因が複雑にからみあう

持続的、過度なストレス

 ストレスとは心身が不快に感じる刺激すべてが該当
  ・不快な刺激を受けると、その刺激に抵抗するために交感神経が活性化
  ・持続的、過度なストレスによって、昼も夜も心身ともリラックスできない状態が続く
  ・交感神経が常に活性化するような状態になり、交感神経と副交感神経のバランスが乱れる

不規則な生活習慣

 ・昼と夜の区別がはっきりしない環境で暮らしている
 ・夜更かし、夜勤、長時間労働などの不規則な生活により本来の生体リズム(体内時計)を崩し続ける
 ・不規則な食生活
 ・自律神経は不規則さが苦手

運動不足、睡眠不足

  血流が悪くなったり、体内時計のリズムが失われる

女性ホルモンバランスの乱れ

 ・月経、妊娠、出産、更年期など、女性ホルモンの大きな変動
 ・ホルモン分泌、自律神経は大脳の視床下部によってコントロールされていて、密接した関係にある
 ・同じ視床下部でコントロールされているホルモンバランスが不安定になる時は、自律神経も不安定になりやすい(互いに影響を受けやすい)

ストレスに弱い体質

 生まれつき自律神経が過敏(生まれ持った素因)

ストレスを溜め込みやすい性格

 無理しやすい、ノーと言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えができない

主な症状

 ・不快な自覚症状
  その人の弱い部分に現れやすく、人それぞれであり、程度もさまざま
 ・不定愁訴
  いくつもの症状がかわるがわる現れたり、同時に重なることもある

精神症状

 イライラ、気がめいる、おこりっぽい、緊張、集中力・意欲ない、やる気でない、注意力ない、ささいなことが気になる、不安感強い、不眠

全身症状

 倦怠感、疲れやすい、眠気、食欲不振、身体がだるくて重い

 頭痛、頭重い、ぼーっとする

 疲れる、痛い、開かない、乾く、涙目

 耳鳴りめまい、耳にモノがつまっているような感じ

 乾く、口の中痛い、味覚おかしい

のど

 イガイガ、つまる、異物感

呼吸

 息苦しい、息切れ

心臓、血管

 動悸、胸苦しい、ふらふらする、立ちくらみ、不整脈、血圧変動、のぼせ

消化管

 胸焼け、胃むかむかする、吐き気、下痢、便秘、みぞおちの痛み、お腹張りやすい

膀胱

 トイレ近い、残尿感、尿だしにくい

生殖器

 月経不順、月経痛、不感症

手足

 しびれ、痛み、冷え、ほてり、震え

筋肉・関節

 肩・首こり、痛み、腰痛、関節だるい、力入らない 

皮膚

 かゆい、乾燥、汗たくさんでる、汗でない、冷や汗

対処

日頃のストレスの軽減

 ・自分の酷使、完璧主義を控える
 ・充分な休息、くつろぎの時間を持つ

生活習慣

 ・早寝早起き(規則正しい生活)
 ・運動習慣
 ・最適な睡眠時間

バランスの良い食事

 ・良質なタンパク質、ビタミンC・B群、ミネラル
 ・野菜から食べる(血糖値を上げ過ぎない)

 

自律神経の観点からアプローチをすることで、様々な症状が改善することがある

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)