機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)原因と症状 | 岡山県倉敷市 | からだにっこりカイロ(整体・カイロプラクティック院)

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)についてご覧ください。

機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)とは

  • 機能性胃腸症(機能性ディスペプシア)とは内視鏡検査で胃に異常(炎症、潰瘍、がん)がない(器質的疾患がない)のに、胃もたれや痛みを感じる症状

     ・少なくとも3ヶ月以上症状が続く
     ・症状が排便の状態に関係ない

  • この病気の概念は近年になって確立され、従来は神経性胃炎、慢性胃炎などと診断された
  • 日本人の4人に1人が胃の症状を訴える

主な原因:胃の運動機能低下

ストレス(精神的、身体的)

 ストレスについてご覧ください。

過労

 副腎疲労についてご覧ください。

主な症状

食後愁訴症候群:食後に起こるタイプ

 ・早期膨満感(胃の拡張機能が低下)
 ・胃もたれ感(胃の収縮機能が低下)

心窩(しんか)部痛症候群:みぞおちの痛みタイプ

 ・みぞおちの痛み(胃の知覚過敏)、やけるような感じ

 

こちらの動画もみてください。
胃の働き

「ホームページ見ました」と気楽にお電話ください。

0120−593−207(予約制)
受付時間:9時〜19時
定休日:火曜日・祝日・土曜日午後
日曜日営業しています。
岡山県倉敷市天城台3丁目4−16
からだにっこりカイロ
(整体・カイロプラクティック院)